TOP

写真と別人の人が来た時はもう、呆然。そのときの体験談をご紹介します。

仕事にも役立つ福原のソープ

ソープはただ気持ち良いだけじゃないんです。自分にとっては仕事にも役立つものなんですよ。これは大げさじゃないんです。自分のお仕事は女性用の商品開発なんです。下着とかではないですよ(笑)女性向けアイテムの商品開発なので、女性がどう思うのかが大切だと思うんです。だからリサーチがとても大切なんですけど、かといって女友達なんていませんし、ネットでリサーチしようと思っても信憑性に欠ける部分もあるんですよね。
だから福原のソープに行った時、気持ち良くなるとともに女の子にいろいろと聞くってことも多いんですよ。女性らしさを生かして最前線で働いてる彼女達に聞くことによってふとしたことや、それまで自分の考え方にはなかったようなことまで分かったりするんです。だから快感以上に貴重な時間になったりするんですよね(笑)もちろん快感も楽しみですけど、快感とリサーチの両方を得られるので、自分にとっては福原のソープは何よりも貴重なサービスなんじゃないかなって思ってます。さすがに周囲には言っていませんが(笑)

役者が違ってソープで驚がく

一言で言えば役者が違うというか、さすがにテクニシャンとして紹介されているだけあって彼女のテクニックはこれまで経験したソープの中でもトップクラスと言ってよいでしょう。
でも彼女が上手だったのはテクニックだけじゃないんですよね。直接的なテクニックという意味じゃなくて、間接的というか雰囲気の作り方がとても上手だったなって思うんですよ。こちらをその気にさせるというか、男をより快感に誘うためにはどういったことが必要なのか。彼女はその点まで熟知している女の子なんじゃないかなと思うんですよね。
そう思ったら自分の中でもいろいろな気持ちが芽生えましたよ(笑)彼女との時間に関しては60分程度では全く足りないんじゃないかなと。むしろまた次回福原のソープを利用するときは彼女を指名していろいろなテクニックを味わいたい。そう思わせてくれるような彼女との時間は、自分にとっていろいろな気持ちを味わうことが出来た貴重なソープの時間になったんじゃないかなって思っています。